オフィシャルブログ

トイレのお悩み解決

毎日何度も使うトイレ、気になることはありませんか。

 

古くなって便座がガタガタしている、汚れや臭いがこびりついて不快に感じる、トイレットペーパーなどを保管しておく収納がほしい、タイル張りからイメージを刷新しておしゃれなトイレにしたい、機能が充実したウォシュレットにしたいなど、さまざまなお悩みをお抱えかもしれません。

 

トイレが故障した時や老朽化したトイレの交換をはじめ、最新式の高機能トイレにしたい時、壁や床も含めたトイレ全体のリフォームをしたい時には、弊社にご相談ください。

 

和式トイレから洋式への交換、高性能な最新のウォシュレットへの交換をはじめ、大きな収納棚が取り付けやすいタンクレストイレへの交換も可能です。

 

タイル張りのトイレの段差を解消し、フローリングとおしゃれなクロスのトイレにリフォームすることもできます。

省エネ住宅へのリフォーム前に知っておくべき大切なポイントをご紹介!

省エネ住宅は、2025年から新築住宅に断熱性を高めるなどの適合義務化が進んでいます。省エネという言葉を耳にすることは多いのですが、省エネリフォームはどのようにしたらよいのか、どのようなメリットがあるのかご存じない方もいます。 そこで、省エネ住宅へのリフォームを検討している方に向けて、リフォーム前に知っておくべき大切なポイントについてご紹介します。

省エネ住宅とは?

まず、省エネ住宅とはどういう住宅なのか、また基準や制度についてご紹介します。

省エネ住宅はどういう住宅?

省エネ住宅とは、エネルギー消費が少ない住宅のことをいいます。日々の生活で、冷暖房や給湯、また家電製品など多くのエネルギー消費をしています。とくに、冷暖房の消費エネルギーは全体のエネルギーの約3割にもなります。
この消費エネルギーを最小限に抑える住宅が、省エネ住宅なのです。

省エネ住宅の基準

消費エネルギーをどのくらい抑えればよいのかを示したのが省エネ基準です。省エネ法が1980年に制定され、住宅の窓や外壁の外皮性能の評価や、設備機器などの一時エネルギー消費量を評価するという2つの基準をクリアしている住宅が省エネ住宅と認められます。

省エネ住宅の制度

省エネ住宅は国をあげての政策になり、環境に優しい住宅にする際の支援制度があります。大きく分けると2つの制度があり、補助金制度と優遇税制があります。
補助金制度は、工事の一部を補助してくれる制度で、30万~50万円の補助金を受給できます。また優遇税制は、住宅ローン減税で一般住宅よりも多い、最大で500万円の控除が可能になります。そのほか、登録免許税や固定資産税などの軽減も優遇されます。

省エネ住宅のメリット

省エネ住宅は、多くのメリットがありますが、中でも主なメリットを3つご紹介します。

光熱費の削減

省エネ住宅は、断熱性と気密性が高い材料を使用することで、冬は暖かく夏は涼しくなるため、冷暖房を使用することが少なくなり光熱費が削減されます。無駄にエネルギーを消費することなく節約につながります。
さらに、太陽光発電システムを取り入れることで、消費電力がより抑えられます。

メンテナンスが減る

一般住宅は、外との温度差が原因で壁内結露が知らぬ間にできてしまい劣化が進みます。しかし、高断熱・高気密の省エネ住宅であれば温度差を少なくできるので、結露を防ぎ建物そのものが耐久性の高い住宅になります。
そのためメンテナンスが減り、品質の劣化も少なく、より安心して過ごせます。

自然災害に強い

太陽光発電システムや家庭用蓄電池を取り入れることで、自然災害に強い住宅になります。たとえば災害での停電時、雨の日でも10時間電気を使用できるシステムもあります。災害時に電気が使用できるのは安心感にもつながります。
万一のときに備えることができるのも省エネ住宅のメリットです。

省エネ住宅リフォームの大切なポイント

省エネ住宅リフォームをするときの大切なポイントは、断熱性・日射遮繭性能・気密性と大きく分けて3つあります。それぞれについて、詳しくご紹介します。

断熱性

外気の影響を受けやすいエアコンや壁、天井などに断熱材を補うことが大切です。断熱材は、熱の移動を最小限に抑える役割があるので、夏は涼しく、冬は暖かい室内をつくります。
効率のよい冷暖房でのエネルギー消費ができるようになるので、リフォーム時には断熱材を取り入れるようにしましょう。

日射遮繭性能

年々日本の夏は暑くなってきており、平均気温も上昇傾向にあります。とくに日中は窓からの日差しがあり室内に熱がこもります。日射遮繭とは、窓から入る日差しを遮ってくれることをいいます。
日射遮繭性能を取り入れることで、外からの熱が入らずエアコンの効きが改善されます。

気密性

住宅のすき間に外気が入り込んでしまい、室内と室外の熱が移動してしまうことがあります。これは「すき間風」と呼ばれていますが、二重窓の窓にして気密性を高くすることで、すき間を減らします。熱の移動もなくなり、部屋内の温度差が減少し、快適な住まい環境になります。
また、省エネ住宅は設備だけを入れて太陽光発電でたくさん電気を作り消費するのでは意味がありません。エネルギー消費をいかに減らす住宅にするかが大切なポイントです。

まとめ

省エネ住宅へのリフォーム前に知っておくべき大切なポイントやメリットなどについてご紹介しました。省エネ住宅は、国が定めた基準を満たすことで支援制度を利用できるだけではなく、長い目でみて耐久性の高い住宅になりメリットが多くあります。通常のリフォームよりもリフォーム工事コストは掛かりますが、環境にも優しく、得られるメリットはとても高いです。 「相本建設合同会社」は、山口県を中心に住宅のリフォーム・建築・設備などを手掛けています。どんなに小さなリフォームでも、専門の大工がお伺いし、丁寧にご対応しますので、リフォームをご検討している方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

リノベーションで古民家再生

リノベーションはリフォームとは異なります。

 

リフォームは経年劣化などによってマイナスになった状態を、ゼロに引き上げ、新築時のような内装への改修や新しい住宅設備に交換する工事です。

 

これに対してリノベーションは、新たな価値を付け加えてプラスにする工事です。

 

新築時や従来の状態より、利便性や機能性が増すことや雰囲気が変わります。

 

既存の住宅の良さを残しつつ、新たな息吹を吹き込めるのがリノベーションの魅力です。

 

たとえば、このようなお悩みありませんか。

 

相続した実家が古すぎて住みにくい、中古住宅を安く買って自分たち好みの家にガラリと変えたいといったお悩みです。

 

こうした悩みの解決にはリノベーションがおすすめです。

 

建て替える手間やコストを抑え、既存住宅の良いところを残しつつ、住みやすく和モダンな家に生まれ変わります。

水回りリフォームは自分でできる?

水回りの寿命とリフォームアイディア、業者選び

「おうち時間」の増加とともに大流行中なのが、DIYです。ホームセンターに行けばシステムキッチンや洗面台などの水回りの設備も売られていますが、自分で水回りのリフォームをすることは可能なのでしょうか。また、水回りはどのくらいの寿命があるのか、どのような種類から選べるのかなどが分かれば、リフォームする際の参考になりそうです。さらに水回りのリフォームを依頼する業者選びのコツもお話していきます。

水回りのリフォームは自分でできるのか?

近年DIYが流行していて、かつては業者に任せるのが当たり前だった大規模なリフォームまで自分で行う人も増えてきました。それでは水回りのリフォームも自分でできるのでしょうか。
結論から言うと、自分で行うのは非常に難しくおすすめできません。その理由を次に挙げていきます。

水回りのリフォームは難易度が高い

洗面台やキッチンなど水回りの設備機器自体は、ホームセンターで売られているので誰でも購入可能です。しかし、当然ながら買ってきてただ置くだけでは使えません。排水管の工事をして管をつなぐ必要があり、個人で行うには難しいリフォームの1つなのです。手順やつなぎ方を間違えたり不備があったりすると、水漏れや故障の原因となってしまいます。その状態になってから業者にリフォームを依頼すると、返って費用が高くついてしまうことも多々あるので注意しましょう。

資格が必要な工事も

排水管は最終的に下水管につながります。下水道は公共の物であり、個人が勝手に手を加えてはいけない場所になります。下水道に近い部分は、資格を有する人でなければ作業できないことになっています。蛇口付近の、給水器の取り付けやホースの取り付けなどはもちろん自由に行っても構いません。
水栓の交換や修理、洗面所やキッチン、シンクなどの交換も自分でできないことはありませんが、水漏れしてしまったなどのトラブルは自己責任になります。見えない所で水漏れが起きていて、床や壁の内部が腐敗してしまったり、水道代が多く請求されてしまったりしたら大変です。

自分でDIYしたいなら

水を扱う場所のリフォームは、個人では難しいものです。どうしても自分で水回りのDIYをしたいと思ったら、ウォールステッカーを張って気分を変えたり、自分で組み立てたシェルフを置いたりして楽しんでみるのがおすすめです。

水回りの寿命とリフォームのアイディア

水回りは、どのくらいで寿命が来てリフォームの必要が出てくるのでしょうか。また、リフォームの際には、現在の仕様とは別のタイプを選ぶことも可能です。キッチン・お風呂・洗面所・トイレにはそれぞれどんなタイプがあるのか紹介します。リフォームを考える際のアイディアにしてみてください。

キッチン

キッチンの寿命はおよそ、15年~20年だと言われています。
キッチンには、壁付け式と対面式があります。壁付け式なら空間を広く使えます。家族の顔を見ながら料理ができると、今人気なのは対面式です。シンクと調理台、コンロが一列に並んだI型とL字に曲がったL型は、調理する人の好みで選べば作業効率がアップします。

お風呂

お風呂の寿命は、約15年です。

お風呂は、ユニットバスタイプが主流です。床や壁、浴槽や天井までが工場で作られセットになっているので、現場では設置するだけで工期が短くて済みます。価格も、ユニットバスタイプはリーズナブルです。もう1つ、在来工法のお風呂もあります。職人が一から現場で作るお風呂のことで、自由度が高いのでお風呂にこだわりたい人におすすめです。

洗面所

洗面所の寿命は、20年が目安です。
洗面所もお風呂と同様、洗面所は照明や鏡がセットになっていて洗面ボウルはキャビネット部分についているユニットタイプが一般的です。カウンターに洗面ボウルが付いている、または一体化しているのがカウンタータイプです。ユニットタイプに比べて自由度が高く、好みの鏡や照明、造作棚などと組み合わせられます。

トイレ

トイレは、10年から15年が寿命だと言われています。
独立した便器とタンク、便座を組み合わせた組み合わせタイプのトイレなら、どれかが故障しても故障したパーツだけ修理・交換すればいいのがメリットです。便座とタンク、便器が一体化した一体型トイレは、故障した際に全て交換・修理になりますが、すき間が無いので掃除がしやすいのが特徴です。
今流行りのタンクが無いタンクレストイレは、すっきりした見た目でスペースも取らないのが人気ですが、手洗いを別に設置する必要があります。

水回りのリフォームを任せる業者選び

水回りのリフォームを多く施工した実績がある業者なら、技術力も安心な上、施工方法のアイディアも豊富です。具体的にどのようなリフォームにするか決めていなくても、現在不都合な点や理想の暮らし、予算などを伝えたらそれに合ったリフォーム内容を提案してもらえるでしょう。そのためにも打ち合わせの際にしっかり話を聞いてもらえたり、現地をしっかり調査してもらえたりする業者がおすすめです。
こまめに打ち合わせをしたり、リフォーム後にもアフターサービスを受けたりと長い付き合いになるので、近隣の地元密着店なら安心です。

まとめ

水回りは毎日水を使う場所だけあって劣化も早く、故障も起こりやすい場所です。毎日使う場所なので、新しく快適な設備にリフォームすれば大きな満足感が得られるはずです。自分でリフォームするには難しいのが水回りです。信頼できる業者に依頼しましょう。 「相本建設合同会社」は、山口県下松市の皆さまにご愛顧いただいているリフォーム店です。料理を楽しめるキッチン、ゆったりお湯に浸かれて心身ともにリフレッシュできるお風呂、清潔で快適なトイレ、ライフスタイルにぴったりな洗面所など、水回りのリフォームで快適な暮らしのお手伝いをいたします。手すりを付けたい、タイルがボロボロになってきたなど、どんな小さな修復・リフォームも承ります。水回りのリフォームをお考えでしたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

内装&外装リフォーム

弊社では内装リフォームから外装リフォームまで、ニーズに応じたリフォームに対応できます。

 

一戸建てを一から建てられる技術がございますので、間取り変更や増改築、全面リフォームなど大がかりなリフォームにも対応可能です。

 

老朽化した床や汚れたクロスの張り替えやより快適で便利な水回りを目指すリフォーム、和室を洋室に変更する、2つの部屋を1つの広い空間にしたいなど、ぜひご相談ください。

 

外壁塗装や屋根塗装、外構リフォームなどもできますので、経年劣化によるリフォームはもとより、イメージチェンジやイメージアップにも対応します。

 

既存のお住まいの老朽化や、ライフスタイルの変化に伴うリフォームはご相談ください。

 

中古住宅を購入され、ご自身のお好みに合わせて内装、外装の全面リフォームを行いたい時も、お気軽にお問い合わせください。

省エネリフォームにも対応しています

弊社では、下松市で多くのリフォーム工事の実績があり、さまざまなリフォームに対応してきました。

 

屋根や外壁の修繕、内装リフォーム、水回り工事などさまざまなご依頼をいただいております。

 

これらの工事も多くのご依頼がありますが、最近は省エネリフォームのご依頼も増えてきました。

 

ガスや電気代、灯油なども値上がりしており光熱費の負担が気になるというご家庭も多いのではないでしょうか。

 

省エネリフォームをすると、光熱費の負担もかなり軽減されます。

 

省エネリフォームにもいろいろな種類がありますが、弊社ではオール電化工事を得意としているのです。

 

すべてのエネルギーを電気にすれば、ランニングコストも抑えられますし電気代の割引を受けることもできます。

 

ただ光熱費が安くなるだけではなく、火を使わないため安全性も高まるので、高齢者やお子さんのいるご家庭にもおすすめです。

 

火を使わないことは火災の予防になるだけではなく、空気が汚れないので環境にも良い影響が期待できます。

内装リフォームは自分で可能?

業者に依頼するメリットや内装リフォームで叶う事

近年「おうち時間」の増加に伴ってDIYが流行しています。内装を自分好みにDIYしてみようと考えている人も多いかもしれませんが、内装のリフォームは自分でできるものなのでしょうか?そもそも内装のリフォームとはどのような内容でどのようなことが叶うのか、さらには内装のリフォームを業者に依頼するとどのようなメリットがあるのかまで、詳しくお話していきます。

内装のリフォームとは?

内装のリフォームというと、壁紙の張り替えなどで部屋のインテリアを変えるイメージが強いかもしれません。ところが実際は、家の中の一部、場合によっては全部をリフォームすることが「内装リフォーム」なのです。
次に代表的な内装リフォーム内容を挙げていきます。

壁紙の張り替え

壁紙は部屋の四方を囲むものなので、経年によって色褪せたり手あかなどで汚れたりしているのを綺麗なものに張り替えるだけで部屋の印象をぐっと良くしてくれます。色を変えてみるのもおすすめです。

床材の張り替え

床材は、毎日住人が歩くことで傷やへこみができてきます。部屋の大きな面積を占めるのが床材なので、好みの床材に変えれば満足度が高まります。フローリングだけでなく、クッション性があるクッションフロアや肌触りが良いカーペット、水を使う場所に適したタイルフロアなど、場所に合わせた床材にすれば快適さもアップします。

間仕切りの設置・撤去

子どもが成長して個室を与えたい時などに、間仕切りを設置することで部屋数を増やすことができます。逆に部屋を広く使いたくなった時に、間仕切りを撤去するリフォームも可能です。

間取りの変更

家の間取り自体を変更することは大きな工事になり、リフォームではなく「リノベーション」と呼ばれることもあります。実際に住んでみて不都合を感じたり、同居や介護など生活スタイルの変化に合わせたりした時に間取りの変更をすると、快適さがアップします。

水回り

トイレ・キッチン・洗面所・お風呂など水を使う場所は、毎日必ず使うので劣化しやすく、水を扱うので故障も起こりやすい個所です。逆に考えると、毎日使う場所だからこそリフォームで一新すれば毎日快適さを感じられる、満足度が高いリフォームになります。

内装のリフォームで叶う事

内装のリフォーム内容は多岐にわたりますが、内装リフォームを行うことで生活がどのように変わるのか、内装リフォームで叶うことを紹介します。

現状よりも快適な暮らしが叶う

壁紙や床材を変えることで部屋の印象を変えられるので、部屋のインテリアのテイストを変えたい時に統一感を持たせられます。また、バリアフリーにしたり設備を新しくしたりすることで、より暮らしやすく充実した生活を送れます。

建物の老朽化を防げる

破損やひび割れ、剥がれなどをそのままにしておくと、どんどん悪化が進み建物自体の老朽化が進んでしまいます。最終的には大規模な工事が必要になってしまうことも多いので、不都合がある個所をリフォームすることで老朽化が防げます。

内装のリフォームは自分でできる?リフォーム専門業者に依頼するメリットは?

近年DIYが流行し、自宅を自分でリフォームするのも注目されています。内装のリフォームも自分でできるのでしょうか。
内装のリフォームは間取りの変更や水回りの工事など大掛かりなものが多いので、個人で行うのは難しいでしょう。また、下地材を入れての補強が必要な施工や、壁の撤去・床の解体などやり直しが効かない工事も多いです。照明の位置変更やコンセントの設置は、資格がないとできません。自分で張り切ってリフォームし始めたもののうまくいかず挫折して途中からリフォーム業者にお願いした場合、最初から依頼するよりもかえって費用が掛かってしまうことも考えられるのです。
そこで、内装はリフォームを専門に扱っている業者に依頼するのがおすすめです。内装のリフォームを専門業者に依頼するメリットには次のようなものがあります。

リクエストに柔軟に対応してもらえる

リフォームを専門に行う業者なら、さまざまな施工経験があるためリクエストにも柔軟に対応してもらえます。さらに、自分では思いつかないようなアイディアも提示してもらえることもあるでしょう。

お得にできるケースが多い

リフォームに関する知識が豊富でさまざまな施工方法や素材選びのバリエーションがある専門業者なら、安く済ませたいというリクエストにも柔軟に対応してもらえます。

地元密着業者なら安心

リフォーム業者はたくさんあるので、どの業者に任せたらいいか迷ってしまうものです。地元密着の業者なら、評判や口コミが耳に入りやすいので選ぶ際の材料になります。リフォーム工事は大掛かりになるほどさまざまな下請け業者が出入りすることも多いですが、下請け業者も地元なら身元が分かって安心です。アフターフォローをしてもらうことを考えても、地元密着のリフォーム専門店ならメリットが大きそうです。

まとめ

内装のリフォームは多岐に渡り、専門的な技術も必要なので専門業者に依頼するのがベストです。内装をリフォームすることで、より快適な暮らしが手に入り建物の老朽化も防げます。 「相本建設合同会社」は、山口県下松市で20年以上地元の方々にご愛顧いただいているリフォーム専門会社です。軽度な修理から内装の大規模なリフォームまで、ご近所だからこその気軽さで何でもご相談ください。施工はすべて自社で行い、下請け業者に丸投げするようなことはございません。下松市をはじめ、近隣の周南市・光市・笠戸市のお宅にも対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

外壁や屋根のリフォームをご検討なら

リフォームをしたい箇所はそれぞれのご家庭ごとに違いがあります。

 

内装を重視される方も多くいらっしゃいますが、外壁や屋根も忘れずにチェックしておきたいところです。

 

屋根や外壁は家を守る大切な部分です。

 

こうした部分の劣化が進むと雨漏りも進み、大切な家の寿命を縮めてしまうことにもつながります。

 

新築から10年以上経過している場合は、屋根や外壁の点検をしておくことをおすすめします。

 

弊社は下松市で多くのリフォームのご依頼をいただいており、内装や水回り、外壁や屋根など多くの工事を行ってきました。

 

屋根は紫外線や雨風の影響で劣化しやすい部分です。

 

弊社では、傷んだ屋根をきれいにすることはもちろん、機能性や対候性を考えた施工をご提案させていただいております。

 

外壁についても、機能性はもちろんデザイン性も考えた施工を提供していますので、相談の際にはデザインやカラーなどのご希望をお聞かせください。

下松市でリフォームをご検討なら

家も長く住んでいるうちに傷みや汚れも目立ってきます。

 

そして、設備も古くなっていくので使いづらさを感じている人もいるのではないでしょうか。

 

建て替えとなると多くの費用も発生するので、簡単ではありませんがリフォームなら一ヶ所からご依頼いただくことができます。

 

気になる部分だけを修繕したい、お風呂やトイレの設備を入れ替えたいなどとお考えの方もぜひご相談ください。

 

弊社は下松市で多くのリフォーム実績があり、ご依頼いただいた方からも多くの喜びの声をいただいています。

 

大手リフォーム業者では、実際の施工は下請け会社が行うことは珍しくありませんん。

 

このような場合は中間マージンも発生するので、その分費用も高くなります。

 

その点、弊社では自社施工なので安心してご依頼いただくことができます。

 

手抜きなしの高品質な工事を適正価格にて提供しています。

 

本格的な工事はもちろん、軽度な修復にも丁寧に対応していますので、お気軽にお問い合わせください。

トイレリフォームで節水ができる?

従来のトイレは、トイレ1回の水を流すのに非常に10リットル近くの水量が使われていました。

 

トイレというと、自宅で家族一人につき1日におよそ3回トイレに行くとしましょう。

 

すると、4人家族の方ならおよそ12回トイレの水を流す計算です。

 

意外にもトイレの水は、家庭内で使う水道量のうちお風呂に次いで多く使用しているのです。

 

1995年には6リットル以下の水量のトイレが次々と誕生して大幅に水量が減少していますが、現在では大で5リットル、小で3.8リットルの節水トイレが普及しています。

 

つまり、大でもかつてのトイレの半分の水量で済むほどにまで変化しているのです。

 

現在物価が高騰しているため、生活費を少しでも節約したいという方はぜひ節水トイレへの買い替えをご提案いたします。

 

弊社でもトイレリフォームにて節水トイレを取り扱っております。

 

ぜひお気軽にお問い合わせください。

ページトップ
  • お気軽にご相談ください 電話番号:0833-48-7002
  • Webからのお問い合わせ
私が承ります!